BLOG

ローザンヌ研修旅行レポート②

2019.02.10

ローザンヌ研修部隊よりレポートが届きました。
(すでにファイナルが終了し、結果が出ておりますが、
時差の関係上、レポート内容はセミファイナルの様子となっております。
何卒ご了承ください。)

ローザンヌ2日目は、衣裳着用のセミファイナルです。

会場に到着して、小池バレエスタジオの小池恵子先生とお会いでき、本番直前にも関わらず、
出場される酒井陽菜さん(Girls A 109)と一緒にお写真を取らせていただきました。

フロリナの衣裳の写真です。

それでは、いざ、劇場内へ!

セミファイナルともなると、流石に昨日の空気とは違い、緊張感が凄かったです。
午前は、15~16歳の部
午後は、17~18歳の部

出場者のみなさん、昨日の場当たりと練習の時よりも、
更にレベルアップしていると感じました。

また、コンテンポラリーでの「Swan Lake」を初めて拝見しましたが、
曲がクラシックの「白鳥の湖」が流れたので驚きました。
クラシックの聴き慣れた曲で、コンテンポラリーダンス・・・とても刺激的で素晴らしかったです。

同じ演目でも、皆さんの個性が光り、また衣裳もそれぞれ特徴があり、
あらゆる意味でとても見ごたえがありました。
興奮に包まれたままセミファイナルが終了しました。

セミファイナル終了後、バックステージに行かせていただき、
シンフォニーバレエスタジオの副智美先生と孝多佑月さん(Boys B 409)と
写真を撮らせていただきました。

当社のプラニング担当と衣裳担当がご一緒させていただきました。
孝多さんには、先ほどお話しした、コンテンポラリー「Swan Lake」にて、
ブラックスワンの衣裳を着用していただきました。
素晴らしい演技に感動でした!!
また、衣裳のサイズも、丁度良かったようで、安心しました。
残念ながら衣裳を着用しての写真は撮れなかったのですが、
皆さまライブ中継でご覧いただけたことと思います。

さあ、明日は、いよいよ決戦です!!!
なんと日本人出場者が4名!!!
とても、楽しみです。
一人でも多くの日本人の方が入賞されますように・・・!

決戦の様子のレポートもお楽しみに!

《販売促進部》

ページトップへ